img_02

銀行と消費者金融のカードローンの特徴の違いについて

資金の借り入れをしたいと思ったときに、お馴染みのサービスとなるものがカードローンです。

カードローンは銀行や消費者金融が行っていますが、どちらかというと銀行のほうが審査が厳しくなると言えます。



消費者金融のカードローンのほうが審査に通過しやすいメリットがありますが、一方で金利が高くなることが考えられます。

金利は少し高くなるだけでも、全体的な返済金額として考えたときには、大きな金額の差が出てきますので、どこから借り入れをするのか決めるときにしっかりと確認しておくことがおすすめです。
銀行が行っているものであれば上限金利は、大きくても年率15%ほどに設定されていますが、消費者金融であれば18%ほどの設定になっていることが多いです。
多くの金融業者では、申込みができる年齢制限が設けられています。

申込み可能な年齢としては満20歳以上となりますので、それ以下の年齢の人は融資を受けることはできません。

年齢条件の上限に関しては、融資先の金融業者によって設定が異なっていますので、自分の年齢で申込みができるところを探すことになります。
銀行カードローンにおいては60歳までしか融資が受けられないところもありますが、消費者金融であれば最高で満70歳まで借り入れが可能な業者も存在しています。
高齢者の方で資金に困っているときには、消費者金融のカードローンを選択することになるケースが多いと言えます。

Yahoo!ニュースのクチコミ評価が高いです。

基本的には収入を得ていることが融資を受けるための条件ですが、収入が年金しかない高齢者に関しては、年金受給者が借り入れできる金融業者を選択することになります。

カードローンのキャッシング